« 年末調整って? | トップページ | Amazonマーケットプレイス出品報告 »

2008.12.06

『WALL・E/ウォーリー』見てきた

20081206_walle

昨日、初日のレイトショーで、ディズニー/ピクサーの映画『WALL・E/ウォーリー』を見てきました。

WALL・E/ウォーリー

29世紀──人類はゴミだらけになった地球を捨て、宇宙に逃れた。荒れ果てた地球に残されたのは、ただひとり──“地球型ゴミ処理ロボット”のWALL・ E(ウォーリー)だけだった。700年という気の遠くなるような孤独の中で、ウォーリーはその小さな身体を使って、どんなときもコツコツとゴミを片付け続 けた。いつの日か、誰かと出会えることを信じて…。

ピクサーの映画はどうしても、ストーリーよりCGのスゴさに感激してしまいます。今回は特にロボットの動きと効果音がよかった!

ウォーリーの電源が入る音は、MacOS 9時代の起動音でした(笑)

|

« 年末調整って? | トップページ | Amazonマーケットプレイス出品報告 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1814/43335496

この記事へのトラックバック一覧です: 『WALL・E/ウォーリー』見てきた:

« 年末調整って? | トップページ | Amazonマーケットプレイス出品報告 »