« iMacの電話サポート期間がまもなく終了 | トップページ | 今年初滑り »

2008.01.26

Automatorで画像サイズを変更しjpgに保存する(Leopard版)

Automatorアイコン

iMacを買ってやってみたかったことの一つに、一連の作業を自動的に実行できるAutomatorがあります。Mac OS X Panther(10.3)からLeopard(10.5)に移行したので、初体験。(Automatorは10.4のTigarから搭載)

【目標】
スクリーンショットを撮ったあと、その画像ファイルをブログに収まる横幅(400px)に変更して、jpg形式に保存する。

【ワークフロー】
いろいろ参考にして、以下のようなワークフローを作りました。

ワークフロー
※3番目のイメージタイプ変更のオプションで、[ワークフローの実行時にこのアクションを表示]を選択しています。これを選択すると、実行の途中で画像のタイプを選択するウインドウが出てきます。本当は省きたいのですよね。しかし、省くと1回目は成功するものの、2回目からはイメージタイプ変更の前でなぜか処理が止まってしまうのです。
※また、イメージタイプ変更にgif形式がないですね。スクリーンショットなどはgif形式の方が向いているんですが、仕方ないです。
※写真など元々jpg形式の画像をリサイズする場合は、3番目のフローを削除すればいいですね。

【アプリケーションとして保存】
これを保存するときに、フォーマットを「アプリケーション」として保存します。
試しに「サイズ調整(400px)_jpg」という名前で保存。

20080126_am3

保存されたアプリケーションにスクリーンショットの画像をドラッグ&ドロップしてやれば、自動的に実行されます。

20080126_am4

できた!

20080126_am5

【プラグインとして保存】
プラグインとして保存すると、画像ファイルを右クリックして、[その他]-[Automator]から実行できるようになります。

プラグインとして保存

【ダウンロード】
途中にイメージサイズ変更が出る中途半端な状態ですけど、ワークフローファイルをどうぞ。サイズなどカスタマイズしてご利用ください。
「image_resize.zip」をダウンロード

【参考】
SecuryTech Complex : Files : [Automator] 画像サイズ変更ワークフロー
Automator を使って画像サイズを変更しファイルタイプを変更して保存する - GameSprit
Automator - オートメーター (MacOS X Tiger)
Automatorはとっても便利。|メタルギター by 羊パパ
Automator が冴える - [Mac OSの使い方]All About

|

« iMacの電話サポート期間がまもなく終了 | トップページ | 今年初滑り »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1814/17849152

この記事へのトラックバック一覧です: Automatorで画像サイズを変更しjpgに保存する(Leopard版):

« iMacの電話サポート期間がまもなく終了 | トップページ | 今年初滑り »